So-net無料ブログ作成

4/15(土)2017年度総会および研究会(東海大学) [総会・研究読書会]

【プログラムに一部変更があります。4/10】

スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会会員の皆さま

2017年度の総会および研究会を下記の通り開催いたしますので、何卒ご出席くださいますようお願い申し上げます。

総会を欠席される場合は、2/27日付けでメーリングリストにお送りしてあります委任状に必要事項を記載のうえ、総会前日までに運営委員長までお送りください。

なお、2015年度の総会での決定により、2016年度からは委任状の督促を省略し、委任状の提出なく欠席された場合には、自動的に議決が議長に委任されることになりました(この決定については、会報第26号に掲載の2015年度総会議事録をご覧ください)。したがって、委任状を提出される意思がない場合は、その旨をお知らせください。

研究会終了後に懇親会も予定しておりますので、そちらも是非ご参加ください。



「スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会2017年度総会および研究会」

日時:2017年4月15日(土)13:00~17:00

場所:東海大学高輪キャンパス4号館2F 4206(東京都港区高輪2-3-23)

プログラム:

●総会(13:00~14:00)
1.2016年度活動報告
2.2017年度活動予定
3.2016年度会計報告
4.2017年度予算案
5.会誌について
 ①投稿規定と内規について
 ②投稿の手引き改訂について
 ③ISSNの申請について
6.新代表および新委員選出
7.その他

●研究会(14:30~16:45)

1.14:45~15:30(質疑応答含む)
「セビーリャ・カプチン会修道院付属聖堂の装飾プログラム——正面入口の小祭壇画をめぐって——」
豊田唯氏(上智大学ヨーロッパ研究所・日本大学)

<休憩>

2.16:00〜16:45(質疑応答含む)
「《ゲルニカ》前夜(?)のピカソ——山形美術館《マリ=テレーズの肖像》(1937年)をめぐる問題——」
安發和彰氏(東北芸術工科大学)
以上

運営委員会・研究会委員会