So-net無料ブログ作成

11/3 新・桃山展(10/14-)に合わせワークショップ [展覧会情報]

171103-flyer3.jpg
本会会員の岡田裕成氏からのお知らせです。

来る10月14日より、九州国立博物館で「新・桃山展 大航海時代の日本美術」という展覧会が開催されます。私もカタログに論考を寄せるなど協力しています。

http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s49.html

永徳や等伯の名品が並ぶ大展覧会ですが、同時に、アジア・太平洋海域の美術の交通に注目したユニークな展示内容になっています。日本国外で制作された屏風(いわゆる「ビオンボ」)の重要作品も出品されます。
九博が去年購入したマカオ製と思しき「花鳥図屏風」も常設会場に展示されます(11/5まで)。この絵は購入のお手伝いをしましたが、実にユニークな作品です。なお展覧会は九博のみで巡回はありません。

これに合わせ、11月3日に「 桃山の日本とアジア・太平洋海域における美術の交通」と題する研究ワークショップを開催します。スペインから招聘するアルベルト・バエナ氏(サラマンカ大学)は、近年屏風の世界流通の研究で目覚しい成果を挙げている若手研究者です。遠方の行事ではありますが、プログラムを添付しますので、よろしければお運びください。

なお本展に展示される、ノアの大洪水を描いた屏風(メキシコ、ソウマヤ美術館蔵、マカオないしマニラ製?)についての番組が、10月末に日曜美術館で放送予定です。

(転載:広報委員伊藤)

共通テーマ:アート

10/29 慶応・日吉 スペイン史学会「ムデハルとは何か?」 [研究発表・講演情報]

スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会会員の皆さま

本会が共催となっているスペイン史学会の大会についてのお知らせです。

よろしくお願いします。

******************************
スペイン史学会大会ポスター2017.jpg
【スペイン史学会第39回大会】

「ムデハルとは何か?―中世スペインの宗教・文化的多様性をめぐる議論と展望」



日時 :2017年10月29日(日) 13:00~17:30

会場 :慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース

    (東急東横線、東急目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅 徒歩1分)

    https://www.keio.ac.jp/ja/maps/hiyoshi.html

共催 :スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会

参加費:無料(ただし資料代実費として500円を頂戴いたします)

備考 :事前登録不要



タイムテーブル:

 13:00~13:05 開会挨拶

 13:05~13:15 趣旨説明:黒田祐我氏(兼司会、神奈川大学)

 13:15~14:00 第1報告:阿部俊大氏(同志社大学)

        「文献史学におけるムデハル研究の現状と課題」

 14:00~14:45 第2報告:久米順子氏(東京外国語大学)

        「『ムデハル美術』を振り返る―その功罪をめぐって」

 15:00~15:45 第3報告:伊藤喜彦氏(東海大学)

        「『ムデハル建築』は存在しない?―キリスト教建築とイスラーム建築との影響関係をめぐって」

 15:45~16:15 コメント1:亀谷学氏(弘前大学)

        コメント2:押尾高志氏(千葉大学大学院博士後期課程)

 16:30~17:30 質疑応答




******************************

10/31までにタイトルと要旨 スぺラテ会誌第19号投稿論文のお申込みについて [会誌編集委員会]

スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会会員各位

時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

研究会誌委員会では、会誌第19号(2018年初夏刊行予定)に掲載される投稿論文、研究ノート、書評を公募いたします。
皆様の積極的な投稿をお待ちしています。

投稿をご希望の方は、10月末日までにタイトル(仮題でも可)と200字程度の要旨を添えてお申し込み下さい。
原稿の締め切りは12月末日です。

「投稿規定」「入稿の手引き」は本会ブログの「会誌編集委員会」のカテゴリーから参照できます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿申込・問い合わせ先:毛塚
『スペイン・ラテンアメリカ美術史研究』編集委員会

10/12-15「"ムデハリスモ"と"モサラビスモ"」(東京外国語大学、府中/本郷) [研究発表・講演情報]

2017年10月12日から15日にかけて東京外国語大学にて開催予定の第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」および特別セミナー「"ムデハリスモ"と"モサラビスモ"―中世イベリア半島におけるキリスト教世界とイスラーム世界の文化交渉」のお知らせを送らせていただきます。

両イベントには、中南米・ヨーロッパ・日本で活躍する若手からベテランまで総勢15名の美術史・歴史学等の研究者が集います。
本会の会員諸氏にも多数ご発表いただきます。
予約等一切不要ですので、ぜひご参加いただけますと幸いです。

下記のリンクからチラシをご覧いただけます。
http://www.tufs.ac.jp/event/general/3_18.html

下記のリンクから発表要旨集をご覧いただけます。
https://goo.gl/T9UzMN

10/4(水)と10/11(水)フロセル・サバテ講演会(立教大学・大阪大学) [研究発表・講演情報]

スぺラテの皆様

直前のお知らせになり恐縮ですが、水曜日、以下の史学史的報告が立教大学にて行われます。

講演タイトル:国民的一体化へむけての議論のなかで中世はいかに語られたか?18-21世紀のスペインの場合
(The view of the Middle Ages in the discussion for reaching the Spanish National cohesion (18th-21th c.))
講演者:フロセル・サバテ教授(リェイダ大学)
日時:2017年10月4日(水)18:30~20:00
教室:立教大学池袋キャンパス6号館6202教室
入場無料、事前申込不要、使用言語:英語(原稿配布)
http://www.medievalstudies.jp/information/news20170821a/


また、10月11日には大阪大学の方にて別内容の講演が行われます。
フロセル・サバテ教授講演会
“The Spanish Border in the Middle Ages” 「中世スペインの境界」
日時:2017 年 10 月 11 日(水)17:30~19:00
場所:大阪大学文学部・芸3教室(芸術研究棟1F)
入場無料、事前申込不要、使用言語:英語
(ポスターを添付します)

ご関心の向きはご参加、ならびに周囲への周知いただけますと幸いです。

久米 順子

共通テーマ:学問

記憶風景を縫う-チリのアルピジェラと災禍の表現(7/1-9京都, 8/29-9/3長崎) [展覧会情報]

本会会員の松井美智子先生から
「記憶風景を縫う-チリのアルピジェラと災禍の表現」
という企画展示と研究会のお知らせです。





「記憶風景を縫う-チリのアルピジェラと災禍の表現」開催のお知らせ

本展覧会では、南米チリの軍政期(1973~1990年)に発達したタペストリー<アルピジェラ>と、戦争・紛争や災害の経験を描いた国内外の裁縫作品をともに展示します。展示は仙台、京都、長崎を巡回し、それぞれの土地で重ねられてきた経験や表現との対話をこころみます。
布の上に描かれた記憶風景を媒介に、自身につながる経験と向き合う場をつくることが本展のねらいです。

■ 会場・期間など ■
◎ 仙台展
2017年5月30日(火)〜6月12日(月)11:00-19:00
東京エレクトロンホール宮城 5階501展示室
仙台市青葉区国分町3-3-7

◎ 京都展
2017年7月1日(土)~9日(日)11:00-18:00
同志社大学寒梅館地下ギャラリー 
京都市上京区御所八幡町103

◎ 長崎展
2017年8月29日(火)~9月3日(日)10:00-19:00(最終日は16時迄)
長崎県美術館 県民ギャラリーA室 
長崎県長崎市出島町2番1号

(いずれも入場無料。チラシpdfなど詳細は以下:http://sendai.survivart.net/?p=474

主催:「記憶風景を縫う」実行委員会
共催:東北学院大学地域共生推進機構、Survivart、Conflict Textiles
協力:大島博光記念館、同志社大学グローバル地域文化学部(京都展)、長崎の証言の会(長崎展)
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、平成29年度科学研究費補助金 若手(B)、東北学院大学平成28年度学長研究助成金、公益財団法人
長崎平和推進協会(長崎展)

■ アルピジェラarpilleraとは ■
アルピジェラはチリの貧しい一般女性が古着や布の切れ端から作ったパッチワークです。アンデスの山々と貧困地区特有の光景を背景に、コミュニティの助け合いや、ピノチェト軍政下の人権侵害を訴える活動が描かれます。素朴な造形と日常生活になじんだ素材・技術を用いるアルピジェラの技法は、見る人の五感に深く訴えかけ、破壊的な経験との向き合い方について多くのことを考えさせるものとなっていま
す。また、共通の苦しみや困難を抱える人たちが集い、雑多な話をしながらそれぞれの経験を縫っていく営みは、女性たちに憩いの場をもたらし、日々を生きるための力も与えました。その様子は、東日本震災後に被災地で見られた多くの活動と共振するものでもあります。
本展では、軍政期のチリで作られたアルピジェラ、およびアルピジェラと共鳴する国内外の裁縫作品、合計30数点を展示します。

ガイドツアーやアルピジェラ作りのワークショップ、関連する映像作品の上映会など、各種のイベントも開催されます。ぜひFacebookページをごらんください。

■ 図録出版のお知らせ ■
「記憶風景を縫う」展開催にあわせ、30点以上の展示作品やその解説、またアルピジェラが制作された背景についての解説などで構成された図録を出版します。ぜひ、会場でお買い求めください。定価1,500円(税込)。

■ お問い合わせ ■
「記憶風景を縫う」実行委員会
E-mail:arpilleras[at]survivart.net ([at]をアットマークに変えて下さい)
Facebook:http://www.facebook.com/arpilleras.jp/

共通テーマ:アート

7/15(土)レオンーコルドバ:スペイン初期中世の芸術と文化(セルバンテス文化センター) [総会・研究読書会]

Leon Cordoba flyer0622s.jpg
皆さま

2017年度の第一回研究会「レオンーコルドバ:スペイン初期中世の芸術と文化」を下記の通り開催いたしますので、何卒ご出席くださいますようお願い申し上げます。セルバンテス文化センターでの公開シンポジウムとなります。

*恐れ入りますが、セルバンテス文化センターのホームページ

http://reservas.palabras.jp/

にて席の予約をしてください。



「シンポジウム/スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会 2017 年度第 1 回研究会」

日時:2017年7月15日(土)13:00~17:00(12:30開場)

場所:セルバンテス文化センター・オーディトリアム(〒102-0085 東京都千代田区六番町 2-9 )

プログラム:
13:00 開会挨拶 アントニオ・ヒル・デ=カラスコ(セルバンテス文化センター東京館長)

13:10 イントロダクション イベリア半島の初期中世 伊藤喜彦(東海大学)

13:30 「ずれる暦と重なり合う文化 コルドバの暦から」 佐藤健太郎(北海道大学) コメント:
真道洋子 (東洋文庫)

14:15-30 休憩

14:30 「侵食する境界線 イベリア半島10世紀の聖書写本挿絵再考」毛塚実江子(共立女子大学) コメント: 宮内ふじ乃 (立教大学)

15:15 「写る建築、移らない建築 10世紀レオン王国におけるコルドバへの眼差し」 伊藤喜彦
コメント: 加藤耕一(東京大学 )

16:00-15 休憩

16:15 ディスカッション スペイン初期中世の芸術と文化 司会 : 久米順子(東京外国語大学)

17:00 閉会

総合司会 安發和彰(美術史家)

以上

運営委員会・研究会委員会
(広報委員 伊藤)

「戸嶋靖昌の見たスペイン」展(セルバンテス文化センター 6/10まで) [展覧会情報]

「戸嶋靖昌の見たスペイン」展.png
[コピーライト]戸嶋靖昌記念館

現在セルバンテス文化センター東京(千代田区六番町)において、
「戸嶋靖昌の見たスペイン」
(2017年5月12日(金)~6月10日(土)11:00a.m.-18:00p.m. 日祝休)が開催中です。

戸嶋靖昌(Yasumasa Toshima)がその制作のほとんどを行ったグラナダで描かれた作品を中心に、また1970年代のスペインの様子を戸嶋が捉えた写真、フィルム、またスペインで手に入れた品々も合わせて展示しています。

5月21日(日)にはNHKの日曜美術館のアートシーンにて、スペインで描いた人物画および風景画の年代による作風の変遷とともに、展覧会の様子が紹介されました。また、この度、エルパイス紙の国際欄(デジタル版のみ)にも記事が掲載されました。
Las pinceladas barrocas de un japones que lo dejo todo atras deslumbrado por Goya y Velazquez

戸嶋がなぜ四半世紀にわたりスペインで制作をしたのか、どのような生活だったのか、またその制作の思想、人となり、生前の言葉などが記事になっております。

戸嶋靖昌記念館 安倍三崎(広報委員 伊藤 転載)


共通テーマ:アート

会誌入稿の手引き [会誌編集委員会]

『スペイン・ラテンアメリカ美術史研究』入稿の手引
(2017年4月15日改訂)

◎提出物(原則としてデータ提出)
1.題目、要旨、本文、註
2.図表等の写真・原版・データ
3.図表等のキャプション
4.連絡表

細目
0. 体裁
すべて横書きになります。

1.題目、要旨、本文、註について
次の順番でひとつのワードのファイルあるいはテキストファイルにまとめてください(PDFのみの提出不可)。分量については投稿規定通りとします。
題目(和・欧文)
氏名、原稿執筆時の所属(和・ローマ字表記)
論文の場合のみ要旨(600字程度の和文およびそれに対応する欧文)
本文
 註

1-1. 註について
ワードを使う場合、註機能を用いることができます。
註機能を使わない場合は、本文の中の註を(1) (2) (50) のように、半角の丸括弧と半角のアラビア文字で記し、論文の最後に註をまとめてください。

1-2. 註の書き方
1-2-1. 記号の使用については、以下を原則とします。
・作品名―全角の《》
・書名・雑誌名、版画集名など―全角の『』
・記事名、題目など―全角の「」
・註、制作年以外で()を使う場合―全角の()

1-2-2. 参考文献等の表記は、一般的な学術論文の形式のいずれかにのっとり、ひとつの原稿のなかで統一してください。

2.図表等
図表等は最大15点(『会誌』2頁相当)を原則とします。すべてモノクロで刷り上がります。レイアウトは編集委員会と印刷会社が協議して行いますが、図版の大きさ、掲載場所等について特別のご希望がある場合はご相談ください。ただしご希望に添えない場合があります。
図表等を掲載する場合には、写真、原版、データのいずれかをご用意のうえ、図表番号を付してください。デジタル画像の場合には、画像解像度が350dpi以上のものを用意してください。
図表等の著作権に関しては、投稿者各自の責任でクリアしてください。

3.図表等のキャプション
キャプション(図表の説明)は、本文ファイルとは別にまとめてください。作家名、作品名、制作年、技法・材質、サイズ(cm)、所蔵先等のデータ、作品および写真のクレジット、出典などを記載してください。

4. 連絡表
連絡表として、氏名、投稿時の所属、論文名、住所、電話、メールアドレスを明記したデータをあわせてご送付ください。

その他の注意事項
・原稿提出は基本的にメールで行ってください。画像データが大きい場合は適宜ファイル転送サービスなどを使ってください。
・メールのすれ違い防止のため、編集委員とのやりとりに際しては必ず編集委員から受理メールをお送りします。一週間たっても受理メールが届かない場合には再度お問い合わせください。
・提出いただいたデータやプリントアウト等は原則として返却いたしません。
・執筆者の校正は初校(場合により再校)までとし、校正時に於ける加筆・削除・訂正等はほぼ同一字数内での差し替えに限ります。なお、紙面の調整および体裁上、編集委員会が執筆者に断りなく語句・表記法などの訂正、統一を行う場合があります。

原稿提出先・問い合わせ先: 研究会誌編集委員(会報・ブログ等で当該年度の担当者名をご確認ください)

『スペイン・ラテンアメリカ美術史研究』投稿規定 [会誌編集委員会]

『スペイン・ラテンアメリカ美術史研究』投稿規定

1. 投稿は原則として本研究会会員に限る。

2. 原稿は「論文」「研究ノート」「書評」を内容とし、未公刊であること。また二重投稿は認めない。

3. 「論文」は、スペインおよびラテンアメリカの美術史研究に関係するオリジナルの論考であること。「研究ノート」は、スペインおよびラテンアメリカの美術史研究に関係する「調査報告」「史料紹介」「研究動向」等の記事であること。「書評」はスペインおよびラテンアメリカの美術史研究に関係する公刊本を対象とするものであること。

4. 「論文」は一本あたり400字×40~60枚(本文・稿末註・付記を含む)で、25000字(ワードの文字カウントでスペースなし換算)を最大限度とする(『会誌』7~11頁相当)。図表等は最大15点(『会誌』2頁相当)を原則とする。「研究ノート」は「論文」に準ずる。「書評」は400字×20~30枚程度とする。
いずれも表題は日本語、欧文の両方を付すこと。「論文」には600字の日本語要旨と同程度の欧文要旨を添えること。「研究ノート」および「書評」は「要旨」を必要としない。
外国語による投稿に関しては、枚数(頁数)は日本語原稿に準ずるものとし、日本語、欧文の両方による表題と要旨を添付すること。

5. 原稿は、本研究会ブログに掲載の『会誌入稿の手引き』に従って電子入稿すること。

6. 図版等の著作権に関しては、投稿者各自の責任でクリアすること。

7. 会員以外の投稿は、原則として、本研究会の総会、研究会に於ける「講演」「研究発表」等に基づくものにかぎり認められる。また、本研究会会員による推薦がある場合は例外として投稿を認め、査読審査を経て掲載(あるいは不掲載)を決定する。ただし会員投稿の掲載を優先する。

8. すべての投稿原稿は、以下の査読と審査を経て、編集委員会が掲載を決定し、投稿者に採否を通知する。「不採用」の場合には、編集委員会はその理由を投稿者に通知する。なお、採否にかかわらず投稿原稿(データ、ファイル等)は返却しない。
(1)査読は「論文」「研究ノート」「書評」各1点につき2名以上の査読委員による。
(2)査読委員は、編集委員会から依頼される。原則として投稿原稿の内容に専門分野の近い会員および会員以外の適当者とする。
(3)査読委員は、精査のうえ、「採択」「条件付き採択」「再投稿を促す」「不採択」の結果を編集委員会に報告する。
(4)査読にあたっては、以下の基準に照らして行う。【1】論考(テーマ)の独創性【2】論述の妥当性【3】形式の適当性(文字数・註・図版の適否、誤字脱字等)
(5)査読委員の報告を得て、編集委員会が最終的に採用の可否を判断する。
(6)上記以外の事態に関しては、編集委員会の決定に委ねる。

9. 編集委員会は、代表との協議を経たうえで、執筆分野において十分な実績があると認められる会員・非会員の原稿を、査読審査を通さずに掲載することができる。また同様の条件で寄稿を依頼することができる。これらの場合、他の投稿原稿と区別して「特別寄稿」等の標題を付すものとする。

10. 「論文」「研究ノート」「書評」の執筆者には掲載『会誌』10部を配布する。別刷り(抜刷)は有料(執筆者負担)にて対応する。

11. 編集委員会は、当該年度中の総会、研究発表会等に於ける「講演」「報告」「研究発表」等について、1200~1600字程度の「要旨」を当事者に依頼し、当該年度の『会誌』に掲載する。

以上
2015年4月19日
『スペイン・ラテンアメリカ美術史研究』編集委員会